ホーム > 検出できないハブ > Aithor レビュー: 本当にundetectable AIライティングを作成できるのか

Aithor レビュー: 本当にundetectable AIライティングを作成できるのか

最近は、学術的および創造的な文章を書くための AI ライターが数多く存在します。この種の新しいプラットフォームとして、Aithor は、学術的および創造的な作品のためのパーソナライズされた AI ライティング支援を提供すると主張しています。このツールには、文章のスタイルとトーンをカスタマイズし、AI 検出器に検出されないようにする機能が備わっています。

この Aithor のレビューでは、この AI ライターが提供するものを詳しく見ていきます。特に、検出されない AI ライティング機能をレビューし、テストしてその真の有効性を確認します。

このレビューにより、Aithor があなたに適しているかどうかをよりよく理解できるようになることを願っています。

本当に人間味のある、気付かれないエッセイをお望みですか?

HIX Bypassエッセイの内容を書き換え、 Turnitin 、 Originality.ai 、 GPTZeroなどで完全に検出できるようにします。

HIX Bypass を試して検出できない AI ライティングを作成してください

あなたのコンテンツ
使い方のヒント
モード:
最新
出力
empty icon

Aithorとは何ですか?

エイソーレビュー1.jpg

Aithor は、エッセイや論文などの執筆作業を支援するために設計されたオンライン AI 執筆プラットフォームです。アウトラインの作成、コンテンツの構造化や再編成、コンテンツの調査や正しい引用の生成など、執筆プロセスをサポートするさまざまな執筆機能を備えています。

世の中にある多くの AI エッセイ ライターとは異なり、Aithor は AI のライティング パターンを削除し、検出されない AI エッセイを作成する機能を備えています。これは、AI 検出器による検出を回避し、自分の文章の信憑性を維持したい学生やライターにとって役立つ可能性があります。

Aithorの特徴

Aithor は、ユーザーがパーソナライズされたエッセイや論文を作成するのに役立つ多くの機能を提供します。これには次のものが含まれます。

  • コンテンツ作成:学術論文のトピック、目次、完全なコンテンツを作成します。
  • undetectable AI書き込み: AIと思われる部分を検出し、検出不可能なように書き換えます。
  • コンテンツ編集:コンテンツを書き直したり、拡張したり、短縮したりします。
  • 研究と引用:学術リソースを見つけて、そこから適切にフォーマットされた引用を生成します。
  • カスタマイズ:文章に合わせて文章スタイルとトーンを調整します。

Aithorの価格

Aithor は複数の価格オプションを提供しています。サブスクリプション不要の無料プランを提供しています。または、有料サブスクリプション プランには、月額 24.99 ドルの月間プラン、3 か月ごとに 49.99 ドルの四半期プラン (月額 16.66 ドルに相当)、および年間 99.99 ドルの年間プラン (月額 8.33 ドルとして計算) があります。

エイソーレビュー2.jpg

すべてのプランで、目次生成、コンテンツ生成と編集、トーン選択など、同じコア機能にアクセスできます。ただし、検出不可能な AI ライター (「AI 偽装」) は、有料プランに加入している場合にのみアクセスできます。

undetectable AI Writer本当に機能するのか?

Aithor は、検出不可能な AI ライターがテキストをチェックし、人間が書いたように書き換えることができると主張しています。そして、これこそが、ほとんどのユーザーが本当に期待していることだと私たちは考えています。そこで、Aithor の検出不可能な AI ライターの真の有効性を確認するために、 Originality.aiGPTZeroZeroGPTContent at ScaleWriterという 5 つの人気の AI 検出器でテストを行いました。

まず、これをエッセイの生成に使用しました。得られたテキストの一部は次のとおりでした。

エイソーレビュー3.jpg

次に、この部品を上記の 5 つの検出器でチェックしました。結果は次のとおりです。

アイソール・アゲインスト・Originality.ai

Originality.aiを使用した最初のテスト結果では、100% の AI スコアが得られ、テキスト全体が AI 生成であるとマークされました。

エイソーレビュー4.jpg

これは私たちにとっては驚きではありませんでしたOriginality.aiは最も厳格な (そして時には敏感な) AI 検出器の 1 つであり、人間が書いたコンテンツを AI としてフラグ付けすることがあったからです。そこで、次の結果を見てみました。

Aithor 対GPTZero

Aithor テキストを 2 番目に検出したのはGPTZeroです。この検出器は低いスコアを出し、このテキストが AI によって生成された可能性が 82% であることを示しています。

エイソーレビュー5.jpg

さらに、テキスト全体が AI によって書かれた可能性が高いと強調表示されました。以前の結果よりも人間的であるように見えますが、それでもGPTZeroの検出に合格しなかったと言っても過言ではありません。

Aithor 対ZeroGPT

次に、 ZeroGPTを使用して Aithor テキストをチェックしました。ZeroGPT ZeroGPT 、このテキストが AI/GPT によって生成されたものであり、AI スコアが 93.06% であるという結果を返しました。

エイソーレビュー6.jpg

また、テキストの大部分は、 GPTZeroがこれらをすべて AI によって生成されたものだと判断したため、強調表示されました。そのため、Aithor の検出不可能な AI ライターはGPTZeroの検出を回避できませんでした。

Content at Scaleに対するアイソールの反対

Aithor テキストをテストした 4 番目の検出器はContent at Scaleです。残念ながら、この AI コンテンツ検出器は、依然として「AI のように読み取れる」と判断しました。

エイソーレビュー7.jpg

文ごとの分析からわかるように、 Content at Scaleが人間が書いたと判断した文が 1 つか 2 つあります。しかし、他のほとんどの文については、 Content at Scale AI によって生成されたものであると疑うか、確信していました。

アイソール対Writer

最終テストでは、テキストをWriterの AI 検出器にかけました。そして、Aithor のテキストは再び検出に失敗し、「82% AI 生成」スコアとなりました。

エイソーレビュー8.jpg

アイソールのパフォーマンスの概要

上記のテスト結果をすべてまとめると、Aithor の検出不可能な AI ライターによって生成されたテキストは、主張されているほど検出不可能ではなく、5 つの AI 検出テストすべてに合格しませんでした。したがって、本当に検出不可能な AI エッセイ ライターを探している場合は、別のオプションを選択する必要があるかもしれません。

検出されない書き込みのための最良の Aithor 代替品: HIX Bypass

真に検出不可能な AI エッセイや論文を作成するための Aithor の代替品をお探しの場合は、 HIX Bypassお試しください。主要な AI ヒューマナイザーの 1 つであるHIX Bypass 、AI 支援のエッセイ、論文、課題、またはその他の種類のテキストを真に人間化された検出不可能なコンテンツに人間化できます。

エイソーレビュー9.jpg

HIX Bypass 、コンテンツを書き直して再構成し、あたかも人間の書き手が書いたかのように読めるようにすることで、テキストが前述の AI 検出ツールや他の多くのツールをうまく回避できるようにします。50 を超える言語で、完全に検出不可能な AI ライティングを提供し、エッセイ、論文、課題、電子メールなどを人間らしくするなどのユースケースに対応できます。

HIX BypassでAI検出器を効果的にバイパス

GPTZero
Originality.ai
Turnitin
ZeroGPT
Sapling
Winston AI
Writer
Crossplag
Content at Scale
Copyleaks
Scribbr

HIX Bypassの機能を実証するために、この AI バイパスのテストも実行しました。テストでは、Aithor が生成したテキストを人間化して、同じ 5 つの AI 検出器で出力をチェックしました。HIX HIX Bypassから取得した出力は次のとおりです。

エイソーレビュー10.jpg

複数の AI 検出器から結果を取得する組み込みチェックでは、人間が書いたものとしてフラグが付けられています。これは有望に思えます。その後、私たち自身で 5 つの AI 検出器に対してテキストをチェックしました。結果は以下に表示されます。

Originality.aiに対するHIX Bypass

Originality.ai 、人間化されたテキストに 98% という高いオリジナル スコアを与えました。テキストでは、50% が AI によって生成された可能性があるとマークされた文はわずか数文でした。

エイソーレビュー11.jpg

GPTZeroに対するHIX Bypass

GPTZeroテストでも良い結果が返されました。人間化されたテキストを 97% 人間として識別し、AI 生成の文は基本的に強調表示されませんでした。

エイソーレビュー12.jpg

ZeroGPTに対するHIX Bypass

ZeroGPTも肯定的な結果を返しました。テキスト全体が人間が書いたものであると判断し、AI スコアを 0% にし、どの文も AI として強調表示しませんでした。

エイソーレビュー13.jpg

Content at Scaleに対するHIX Bypass

人間化されたテキストも、 Content at Scaleで人間として認識されました。2、3 個の文がまだ強調表示されているのがわかりますが、一般的にContent at Scale私たちの文章を検出できませんでした。

エイソーレビュー14.jpg

Writerに対するHIX Bypass

Writerの AI 検出器では、「素晴らしい」結果が得られました。検出器は、人間化されたコンテンツを 100% 人間が生成したコンテンツとして識別しました。

エイソーレビュー15.jpg

HIX Bypassのパフォーマンスの概要

上記のテスト結果が示すように、以前は検出に失敗したエッセイの内容は、 HIX Bypassによって人間化された後、すべてのチェックに合格しました。したがって、検出されない AI ライティングを作成するための信頼性の高いツールを探している場合は、 HIX Bypassをオプションとして検討してください。

結論

Aithor は、優れた AI 学術執筆アシスタントです。学生がエッセイや論文を効率よく執筆するのに役立つ複数の機能を備えています。ただし、検出不可能な AI 執筆機能は期待どおりに動作しない可能性があります。その出力は、AI 検出器によって AI としてフラグ付けされる可能性が非常に高いためです。

検出されない AI ライティングを作成するためのより良いオプション、つまり AI 課題、エッセイ、論文を人間らしくするために特別に構築されたソリューションをお探しの場合は、 HIX Bypassお試しください。強力な人間化テクノロジーを備えているため、コンテンツが AI 検出器を簡単にバイパスし、学校や大学の要件を満たすことが保証されます。

関連記事

もっと見る