ホーム > 検出できないハブ > Content at Scaleレビュー: この AI 検出器は実際にどのように機能するのか?

Content at Scaleレビュー: この AI 検出器は実際にどのように機能するのか?

Content at Scaleコンテンツ制作のスケールアップを可能にするだけでなく、コンテンツが AI によって生成されたかどうかをチェックする多機能 AI サービス プラットフォームです。このレビューでは、プラットフォームの AI 検出機能にのみ焦点を当てます。

Content at Scaleの主な機能を確認し、実際のテストを行ってツールの実際のパフォーマンスを確認してみましょう。

要約

Content at Scale Web 上のトップクラスの AI 検出器の 1 つと考えられていますが、以下に示すテスト結果に基づくと、AI 生成コンテンツと人間が作成したコンテンツの検出に関しては必ずしも信頼できるわけではありません。

  • AI検出スコア
  • Content at Scale正確ですか、それとも信頼できないですか?
  • ChatGPTテスト
  • 人間として合格
  • 信頼できない
  • ジェミニテスト
  • 人間として合格
  • 信頼できない
  • 人間によるテスト #1
  • わかりにくい
  • 信頼できない
  • 人間によるテスト #2
  • 人間として合格
  • 正確な

また、評価を容易にするために、AI 検出プラットフォームに関する基本的な情報もまとめました。

長所

  • 洞察と提案を提供する
  • GPT-4を含む最新のAIモデルによって生成されたテキスト内のAIを検出できます。
  • ツールを試すのにサインアップは必要ありません

短所

  • 無料版は2,500文字に制限されています
  • URLスキャンは提供されない
  • 盗作検出機能は内蔵されていない

HIX BypassでAIテキストを人間のようなコンテンツに変換

HIX Bypass革新的な AI 検出器および AI ヒューマナイザーであり、ワンクリックでContent at Scaleをバイパスするのに役立ちます。HIX HIX Bypass機能については以下をご覧ください。

HIX Bypass を試して検出できない AI ライティングを作成してください

あなたのコンテンツ
使い方のヒント
モード:
最新
出力
empty icon

Content at Scaleの概要

Content at Scaleコンテンツ フリーランサー、出版社、マーケティング担当者、代理店向けの頼りになるリソースとして 2022 年 9 月に立ち上げられました。現在、同社は 40 名以上の従業員と 2,500 名以上の顧客を抱え、毎月 5,000 万語以上のコンテンツを生成しています。

この最先端の AI 検出器は、エッセイ、ブログ投稿、Wikipedia エントリなど、オンラインおよび複数の大規模言語モデル (LLM) で見つかった大量のデータに基づいてトレーニングされています。Content Content at Scale ChatGPTや Gemini などの AI モデルによって残されたパターンと手がかりを識別することによって機能します。

Content at Scale 98% の精度を主張していますが、このツールの信頼性は疑問です。Reddit ユーザーReddit 、このツールが予測できない結果を出すことに気付きました。一部のスキャンでは正確な結果が示される一方で、他のスキャンでは誤検知が示されることもあります。多くのコメント投稿者は、このツールが正確な結果を出すとは信頼できないことに同意しました。

Content at Scaleの特徴とその仕組み

Content at Scaleコンテンツ作成者の間で人気の AI 検出器となる多くの機能があります。その一部を以下に示します。

Simplifiedスコアリング

多くの AI 検出器は、AI の可能性を 0 ~ 100% で判定するスライディング スケール パーセンテージ スコアリング システムを使用していますが、 Content at Scaleよりシンプルなアプローチを採用しています。そのスコアリング システムでは、全体的な「はい」、「いいえ」、「おそらく」の出力が得られます。

組み込みエディタ

Content at Scale編集ツールが組み込まれており、ユーザーはプラットフォームを離れることなくコンテンツを修正できます。標準的な編集オプションに加えて、ユーザーは文章にハイパーリンクや画像を追加できます。

無料スキャン

コンテンツのスキャンを開始するためにサインアップしたり、サブスクリプション料金を支払ったりする必要はありません。Content Content at Scale 、ユーザーが最大 2,500 文字をスキャンできる無料バージョンを提供しています。

AIMEEに聞く

Content at Scaleの「Ask AIMEE」機能は、コンテンツ作成者がテキストを改善するのに役立ちます。このツールでは、スペルや文法の誤りを修正したり、文章を長くしたり短くしたり、トーンを変更したり、その他の修正を実行したりできます。これらの追加機能のほとんどにはサブスクリプションが必要です。

無制限のAI検出スキャン

AI 検出器のプレミアム バージョンでは、ユーザーは無制限にスキャンを実行できます。スキャンごとに最大 50,000 文字が許可され、事実上あらゆる種類の書面コンテンツで AI をチェックできます。

Content at Scaleの信頼性

現在、 Content at Scale AI 生成コンテンツと人間が作成したコンテンツを実際に区別できるかどうかを判断するための一連のテストを実行するためのサンプル テキストをいくつか準備しています。

サンプルテキストの生成と準備

ChatGPT

私たちは、 ChatGPTに一般的なトピックについて 100 語の簡単な段落を書くように依頼することからテストを開始しました。

大規模なコンテンツ

ジェミニ

次に、同じプロンプトを使用して Gemini に段落を作成するように依頼しました。

大規模なコンテンツ

人間によるテスト #1

前回のテストと同じプロンプトを使用して、AI の支援なしで段落を作成しました。

大規模なコンテンツ

人間によるテスト #2

次に、 Content at Scaleがそれを人間が書いたものとして識別できるかどうかを確認するために、人間が書いた 2 番目のテストを作成しました。

大規模なコンテンツ

Content at Scaleをテストに投入する

4 つのテスト テキストがすべて準備できたら、それぞれをContent at Scale AI 検出器で実行しました。結果は次のとおりです。

ChatGPTコンテンツ対Content at Scale

Content at Scale ChatGPTの段落で AI を検出できませんでした。「非常にロボット的」と判断された 1 つの文を除き、残りのテキストは人間のものとして合格しました。

大規模なコンテンツ

ジェミニ コンテンツ アゲインストContent at Scale

もう一度言いますが、 Content at Scale Gemini が生成したテキストが AI であるとは判定しませんでした。1 つの文だけが AI の可能性があると特定されましたが、テキスト全体は人間のものとして合格しました。

大規模なコンテンツ

人間が書いたコンテンツはContent at Scale優れている

人間が書いた最初のテストでは、結果はまちまちでした。Content Content at Scale 「判断が難しい」というスコアを付けました。段落の大部分は人間が書いたことを意味する緑色で強調表示されていましたが、AI 検出器によって AI の可能性があると判断された文が 2 つありました。

大規模なコンテンツ

人間が書いたコンテンツ #2 Content at Scaleに対する対抗

2 回目の人間による記述テストは人間による記述として合格しました。Content Content at Scale 1 つの文を除くすべての文が人間による記述であると判断しました。

大規模なコンテンツ

Content at Scale AI検出テスト結果

全体的に、 Content at Scale AI 検出器は信頼できる結果を出しませんでした。4 つのテストのうち 1 つだけが正確でした。以下にテストの結果をまとめました。

  • AI検出スコア
  • Content at Scale正確ですか、それとも信頼できないですか?
  • ChatGPTテスト
  • 人間として合格
  • 信頼できない
  • ジェミニテスト
  • 人間として合格
  • 信頼できない
  • 人間によるテスト #1
  • わかりにくい
  • 信頼できない
  • 人間によるテスト #2
  • 人間として認められる
  • 正確な

人間が書いたテストのうち、人間ChatGPT書いたものとして合格した 1 つのテストを除き、他の 3 つのテストの結果は不正確でした。ChatGPT と Gemini のテキストは両方とも人間が書いたものとして識別されましたが、最初の人間が書いたテストの一部は AI が生成したものとして識別されました。

Content at Scaleの価格設定

Content at Scale AI 検出器には、無制限の数のテキストをスキャンできる無料バージョンが用意されています。ただし、無料バージョンではスキャンごとに最大 2,500 文字までしかスキャンできません。

この制限を増やすには、月額 49 ドルの無制限 AI 検出プランにアップグレードする必要があります。このプランでは、ユーザーは無制限の AI 検出、25,000 の検出不可書き換えクレジット、プレミアム編集ツール、大量の検出不可書き換え、およびその他の特典を利用できます。

まとめると、 Content at Scale AI 用に短いテキストをチェックするだけでよいユーザーにとって、手頃なソリューションです。ただし、この制限を増やして無制限プランを購入する必要がある場合、このツールはかなり高価になる可能性があります。

結論

Content at Scale AI が生成したコンテンツと人間が作成したコンテンツをすばやく区別したいユーザーにとって便利なツールです。ただし、この AI 検出器は常に信頼できるとは限らず、結果が一貫していないことに注意することが重要です。

テキストが 100% 人間のように見え、AI によってフラグが立てられないようにするには、 HIX Bypassなどの AI ヒューマナイザーの使用を検討してください。

関連記事

もっと見る