ホーム > uPassレビュー: uPass実際に機能しますか?

uPassレビュー: uPass実際に機能しますか?

強力な人間化技術を備えたuPass 、検出されない最高の AI ライターの 1 つであると主張しています。しかし、 uPass実際に機能するのでしょうか? 確実に知る唯一の方法は、テストすることです。そこで、私たちはそれを実行しました。このuPassレビューを読んで、 uPassについてすべて学び、 uPassテストの結果を見て、それが機能するかどうかを確認してください。

uPassとは何ですか?

uPassは AI 検出器と検出不可能な AI リライターであり、主に学生を対象としていますが、他の人も使用できます。AI 生成テキストを人間らしくし、ユーザーがTurnitinやOriginality.AI 、 GPTZeroなどの他の主要な AI 検出器による AI 検出を回避できるようにすることを目的としています。

画像4.png

言い換えれば、AI テキストを書き換えて AI 要素を削除し、ユーザーが AI 検出器で高い人間スコアを獲得できるようにし、コンテンツ (エッセイやコースワークなど) が AI としてフラグ付けされることで生じる可能性のあるすべてのペナルティや処罰を回避できるようにします。

Turnitin 、独創性、その他を打ち負かす

uPass 、AI ヒューマナイザーのリーダーとして、エッセイ、課題、論文などの AI 支援または AI 生成コンテンツを、本物の人間が書いたかのような見た目と感触を持つ検出不可能なコンテンツに変換することができます。Turnitin Turnitin Originality などの主要な検出ツールよりも優れており、学生が検出を回避できるように支援します。

オールインワンの人工知能ヒューマナイザーと検出器

uPass単なる AI ヒューマナイザーではありません。AI 検出器も搭載されています。テキストとそれが生成したテキストをさまざまな AI 検出器で同時にスキャンし、テキストが各検出器に合格したか不合格になったかを知らせてくれます。これは時間を大幅に節約し、テキストが人間のものか AI のものかを判断するのがはるかに簡単で便利になります。

盗作のないコンテンツを保証

uPass 、AI テキストを検出できないようにする過程で、完全に新しくてオリジナルのコンテンツを巧みに作成します。つまり、コピーや盗作はありません。テキストのアイデアを独自の方法で表現したり表現したりするため、コピーしたと非難されることはなく、 GrammarlyやCopyleaksなどの盗作スキャナーを簡単に通過できます。

学術的なテキストを人間味あふれるものに

エッセイ、論文、課題、宿題など、どのような学術的作業を人間化する必要がある場合でも、 uPassがお手伝いします。さまざまな長さや幅広いトピックのテキストを人間化できるため、最終的なコンテンツが常に高品質で読みやすく、独創的で魅力的なものになり、高得点やより良い成績の獲得に役立ちます。

エラーのない書き込み

検出されない AI ライターとしてuPassを使用するもう 1 つの大きな利点は、間違いがないことです。毎回、完璧な出力コンテンツが生成されます。つまり、タイプミス、スペルミス、奇妙な文法エラーはありません。代わりに、教師や教授を感心させる最もプロフェッショナルなコンテンツが提供されます。

uPass本当に AI 検出技術に対抗できるのでしょうか?

uPass 、AI 検出を回避したい学生にとって魅力的な選択肢となる興味深いセールス ポイントが多数あります。しかし、まず、AI 支援エッセイの作成にこのツールを使用する前に、1 つ確認しておく必要があります。それは、実際に機能するかどうかです。

それが機能するかどうかを調べるために、 uPassテストしてみることにしました。

私たちは、 ChatGPTにテキストを依頼してテストを開始しました。このテキストが基準となります。公平性とバランスを保つために、残りのテストではこのテキストを使用します。

画像1.png

ここで、このChatGPTテキストのオリジナルが AI 検出を通過できるかどうかを確認する必要があります。そのために、学術界でおそらく最も使用されている 3 つの AI 検出器であるTurnitin 、Originality、 GPTZeroを使用して、テキストを 3 つの個別の AI スキャンにかけました。

ZeroGPTから始めて、彼らの考えは次のとおりです。

画像8.png

そして独創性:

画像2.png

そして最後にGPTZero :

画像6.png

ご覧のとおり、結果がすべてを物語っています。3 つのツールはすべて、テキストが AI であると明確にフラグ付けし、AI 識別テクノロジーを使用して、このテキストがChatGPTによって作成されたことを正確に判断しました。

次に、 uPassこれらのスコアを改善できるかどうかを確認する必要があります。そのためには、 ChatGPTテキストを取得し、 uPassに「人間化」プロセスを実行させます。結果は次のとおりです。

画像7.png

さて、重要な部分です。uPass uPass人間化テキストは AI 検出に勝てますか? もう一度 3 つの AI 検出器すべてに通して、結果を確認してみましょう。

まず、 ZeroGPT :

画像5.png

次にオリジナリティが重要です。

画像9.png

最後に、 GPTZeroのスキャン結果:

画像3.png

これらの結果と元の結果の違いは驚くべきものです。元々、 ChatGPTサンプルを使用した場合、3 つのツールすべてがテキストが AI によって作成されたものであることを正しく検出しました。しかし、 uPassテキストでは結果がまったく逆になり、3 つのツールすべてがバイパスされました。

彼ら全員が、そのテキストは人間が書いたものだと考えています。これは、 uPassがいかに効果的で強力であるかを示すものです。uPass は、語彙や構造など、テキストに重要な変更を加えることに成功し、最も優れた AI 検出器のいくつかを欺きました。

AI検出ペナルティを回避するにはuPassに頼る

uPassのような AI ヒューマナイザーを使用すると、AI 検出を回避する可能性が高まり、リスクも伴います。上記のテストは、 uPassいかに効果的であるかを実証しています。ぜひ今日から試して、このツールがストレスの少ない生産的な学生生活の実現にどのように役立つかを確認してください。

関連記事

もっと見る