首页 > 検出できないハブ > WriteHumanレビュー: WriteHuman は本当に AI 検出器に対して機能しますか?

WriteHumanレビュー: WriteHuman は本当に AI 検出器に対して機能しますか?

最近では、AI によって生成されたコンテンツの人気が高まっていますが、それを検出する方法も同様です。今日は、AI が生成したテキストを転送して一般的な AI 検出ツールをバイパスできる、検出不可能な AI ライターであるWriteHumanについて説明します。

WriteHuman は本当にそのツールが主張するほど優れているのでしょうか? それともインターネット上にもっと良いオプションがあるのでしょうか? WriteHuman の詳細なレビューでわかったことは次のとおりです。

HIX Bypassはすべての AI 検出器に対して確実に機能します

HIX Bypassを使用して AI 検出を簡単にバイパスします。自信を持って人間化された AI コンテンツの公開を開始します。リスクなしで創造性を発揮しましょう!

HIX Bypass を試して検出できない AI ライティングを作成してください

あなたのコンテンツ
使い方のヒント
モード:
最新
出力
empty icon

WriteHumanとは何ですか?

画像1 (5).jpg

WriteHumanは、自然言語処理 (NLP) を使用して AI 生成コンテンツを書き換え、一般的な AI 検出器でテキストを検出できなくするオンライン AI テキスト ヒューマナイザーです。 2024 年にIvan Jacksonによって設立されたこのサービスは、ユーザーに無料と有料の両方のオプションを備えたシンプルな AI バイパス サービスを提供します。

WriteHuman の機能

  • 使いやすくわかりやすいインターフェース
  • ZeroGPT、 Turnitinなどをバイパス可能
  • 自然言語処理を使用
  • 内蔵AI検出
  • 毎月 3 回の無料リクエストを提供

WriteHuman はAI 検出を回避するように機能しますか?

WriteHuman がAI 検出をバイパスするかどうかを示すために、このサービスを使用したコンテンツ作成ワークフローが通常どのようになるかを見ていきます。まず、 ChatGPTに移動し、テキストを生成しましょう。この場合、 ChatGPT に子育てに関する短い記事を生成するように依頼します。

画像9(8).jpg

そのままでは問題ないように見えますが、AI 検出ソフトウェアによって記事に AI 生成のフラグが付けられる可能性があります。そこで、記事全体をコピーしてWriteHumanに貼り付け、AI が生成したテキストをツールに人間味付けさせます。結果は次のとおりです。

画像5(6).jpg

無料ユーザーの場合、1 か月あたり最大 3 つの出力しかできないことに注意してください。現時点では、内蔵 AI 検出器は、書き換えられたテキストの人間スコアが 99.3% であることを示しています。これは、この時点では検出できないことを意味します。しかし、これは本当に本当なのでしょうか?

テキストがどれほど「人間らしい」ものであるかを正確に証明するために、書き直された記事を複数の AI 検出器を通して実行します。

WriteHuman Against Originality.ai

画像2 (4).jpg

書き換えられたテキストをOriginality.aiで実行すると、そのテキストが実際には人間によって書かれたものではないことがわかります。実際、 Originality.ai は記事にオリジナル 9%、AI 91% というスコアを与えています。言い換えれば、このソフトウェアはコンテンツが AI によって生成されたものであることを 91% 確信しています。これは、他の AI 検出ツールによってもそのコンテンツとしてフラグが立てられる可能性が高いことを意味します。

GPTZeroに対するWriteHuman

画像4 (4).jpg

GPTZero は、 Originality.aiと非常によく似た結果を返します。記事全体がハイライト表示されます。これは、テキスト内のすべての文に「AI によって生成された可能性がある」というフラグが付けられることを意味します。全体として、 GPTZero はテキストが AI によって生成された確率が 90% であると主張しており、Originality.ai の結果よりもわずか 1% 低いだけです。

注目すべき興味深い詳細の 1 つは、 GPTZero がコンテンツに AI 生成コンテンツと人間が作成したコンテンツを組み合わせた「混合」としてフラグを立てることです。これは、文が AI によって生成されたようには見えないが、人間が書いた文としては十分自然ではない場合に発生する可能性があります。

Copyleaksに対するWriteHuman

画像3 (4).jpg

他の 2 つほど詳細ではありませんが、Copyleaksは記事内のすべての文を赤色でマークしており、その結果はテキストが AI によって生成されたものであることを明確に示しています。

WriteHumanよりも優れたオプション : HIX Bypass

画像11 (4).jpg

上記のWriteHumanテスト結果から、AI 検出を回避するツールを使用するよりも、人間によるコンテンツの作成に依存する方がはるかに優れていることがわかります。内蔵の AI 検出器は、ユーザーに結果に対する誤った安心感を与えるために結果について嘘をついているように見えますが、実際には、書き換えられたコンテンツは元のテキストと同じように AI によって生成されたものです。

幸いなことに、より優れた代替手段が存在するため、 HIX Bypassが登場します。HIX HIX Bypassは、 WriteHumanとよく似た動作をしますが、はるかに優れた機能を備えた検出不可能な AI ヒューマナイザーです。まず、生成されるコンテンツはAI 検出を完全にバイパスできます。このツールは、 ChatGPT、 Bard、 Jasperなどの一般的な生成 AI モデルによって作成されたテキストを人間味のあるものにすることができます。

HIX Bypass は、最先端の AI テキスト人間化テクノロジーを使用して、 AI で生成されたコンテンツを検出不能にします。これは、 GPTZeroOriginality.aiなどのさまざまな主要な AI 検出器で動作します。これについては後ほど説明します。最後に、人間化されたコンテンツはすべて盗用されていないため、ソフトウェアの使用によって生じる可能性のある法的な問題を心配する必要はありません。

すべての AI 検出器をバイパスする準備ができています

GPTZero
Originality.ai
Turnitin
ZeroGPT
Sapling
Winston AI
Writer
Crossplag
Content at Scale
Copyleaks
Scribbr

HIXバイパスの特徴

  • ChatGPT、 GPT-4などから生成されたテキスト コンテンツを処理できます
  • 高度なテキスト人間化テクノロジーを使用して AI テキストを転送します
  • 一般的な AI 検出器をバイパス可能
  • 盗作のないコンテンツを作成します
  • テキストの元の意味を維持します
  • AI 検出をバイパスするためのカスタマイズ オプション
  • SEO に適した結果

HIX Bypass はAI 検出のバイパスにおいてWriteHumanよりも優れていますか?

HIX Bypassが AI 検出を回避するのにどれほど効果的であるかを示すために、 ChatGPTを通じて生成した同じ記事をWriteHumanテストで実行し、ソフトウェアを使用して人間化します。結果は次のようになります。

画像7 (5).jpg

結果のテキストは現時点では良好に見えますが、検出できないかどうかを確認するには、複数の AI 検出器を直接実行する必要があります。

Originality.aiに対するHIX Bypass

画像8 (6).jpg

WriteHuman の結果とは対照的に、 HIX BypassはOriginality.ai を通過すると (ほとんど) 見事に合格します。 Originality.ai は、ソフトウェアの現在の 2.0 モデルを使用して、テキストに 90% が人間によるスコアを与えました。これは、記事が人間によって書かれたものであるとほぼ確信していることを意味します。

10% の AI スコアに混乱しないでください。これは、記事の 10% が AI によって書かれたという意味ではありません。むしろ、これは、 Originality.ai がテキストが AI によって書かれたものであるという確信は 10% しかないのに対し、テキストがオリジナルの作品であるという確信は 90% あることを意味します。

GPTZeroに対するHIX Bypass

画像6 (5).jpg

GPTZero は、 Originality.aiと比較してさらに優れた結果をもたらします。 AI 検出器は、テキストには AI コンテンツがまったく含まれておらず、記事が人間によって書かれたものであると 100% 確信していると主張します。

AI によって生成されたものとして強調表示される文は 1 つもありません。つまり、テキストは最初から最後まで人間が書いたように見えます。 GPTZero は混合コンテンツの確率が 4% であると述べていますが、AI のスコアは 0% であり、これは素晴らしい兆候です。

Copyleaksに対するHIX Bypass

画像10 (5).jpg

Copyleaks はGPTZeroと同じ結果を返し、AI が生成したコンテンツの兆候のない人間のテキストとしてフラグを立てます。

WriteHumanとHIX Bypass: 簡単な比較

以下は、 WriteHumanとHIX Bypassの両方で実行したすべてのテストの簡単な概要です。

  • AI検出器
  • WriteHumanの結果
  • HIX Bypassの結果
  • Originality.ai
  • 9% 人間、91% AI
  • 90% 人間、10% AI
  • GPTZero
  • 6% 人間、4% 混合、90% AI
  • 96% 人間、4% 混合、0% AI
  • Copyleaks
  • AI 生成
  • 人間が書いたもの

結果からわかるように、 HIX Bypass が大差で勝利しました。 Web サイトでは 99.3% のスコアを主張しているにもかかわらず、WriteHuman のコンテンツは 3 つのテストすべてで不合格でしたが、 HIX Bypass は同じテストに見事に合格しました。

これらの結果から、どの AI ヒューマナイザーがここでケーキを手に入れるかは明らかです。 HIX Bypass はWriteHumanよりも優れていますが、それに近いものではありません。すでに信頼性の高いソフトウェア上に構築された他の無数の機能と組み合わせると、 HIX Bypassが 2 つのツールの中でより良い選択肢となります。

結論

AI ヒューマナイザーは、コンテンツ作成プロセスを支援するために AI を使用している場合、ワークフローの改善に最適ですが、それはヒューマナイズされたコンテンツが実際に AI 検出器を上回ることができる場合に限られます。 WriteHuman はそれ自体では高いヒューマン スコアを主張していますが、テストでは良好なパフォーマンスを発揮できなかったため、新規ユーザーに推奨するのは非常に困難でした。

WriteHumanのレビューで示されているように、AI 検出器をバイパスする、確実に動作する検出不可能な AI ライターを探している場合は、効果的であるだけでなく、使いやすく、便利な機能が満載のものが必要になります。 。特に長期的に AI ヒューマナイザーの使用をワークフローに統合したい場合は、 HIX Bypassなどのツールを使用する方がはるかに優れています。

関連記事

もっと見る